埼玉県上尾市にて建築板金、外壁屋根塗装、塗替え工事等、ISO認証取得企業です。

ISO9001認証取得株式会社 伸起産業 TEL 048-726-3805
FAX 048-726-3806
 MAIL:info@shinki-ind.co.jp
   

リフレクティックス 輻射熱の影響 ・熱反射率

輻射熱の影響について知ってみよう!


外気36℃の太陽の下にいると、吹き出るような汗と息詰まるような熱気で立ちくらみをするような思いをしますが、木陰に入ると涼しく感じます。体温36.5℃とすると、外気はそれより低い温度ですから、本来涼しく感じなければなりません。しかし、暑く感じるのは太陽の輻射熱が直接体に当たって熱を発しているからです。木陰に入ると木の葉が輻射熱をカットしてくれますので、涼しく感じます。

また、36℃のお風呂に入った場合、ぬるく感じることは誰もが経験していることです。すなわち「暑い・寒い」と感じるのは温度ではないのです。
リフレクティックスを使って、冷暖房費を大幅コストダウン!!
同時にエコ化も実現いたします!

リフレクティックスは、輻射熱(下図赤棒)の99%をカットします。
■ビルディングの空間を通過する熱流の輻射、伝導、対流の割合
 
ペンシルバニア州立大の報告によれば、ビル等の空間での熱損失の大半は、伝導熱と対流熱によると考えれていましたが、実際ほとんどの熱伝達は輻射熱によるもので、その量は全熱移動の75%を占めると述べています。全米の多くの機関でも暖かい壁から、冷たい壁の間の熱の通過は夏冬関わらず、その60〜80%は輻射熱に依るものということで一致しています。従って断熱材を厚くしたり、熱伝導率を低くしただけでは快適空間は生み出せないのです。

熱反射率


■反射率の比較
素 材 反 射 率
99% 
98% 
リフレクティックス 99% 
アルミ合金 75%〜91% 
アルミ蒸着品 35%〜60% 
レンガ 7% 
ガラス 5% 
スレート 8〜10% 
2〜10% 
タイル 5〜15% 
※参考文献:連邦標準局編 Housing and home 調査報告

ほとんどの建材は反射率が低く、外部の熱を吸収してしまいます。従って夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。反射率99%のリフレクティックスは、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。更に吸収された残りの1%は、エアーキャップによる断熱層が熱の伝導を防止しますので最強の遮熱であり、断熱材といえます。

アルミホイルの低熱放出性、空気の低熱伝導性の利点からリフレクティックスは、両面に空気層を合わせ持つ事で輻射熱を反射して伝導熱を断熱することができます。

■壁空間における熱流試験
※1BTU=0.252kcal

※参考文献:Insulating Effects off Successive Air Space Boundedby Bright metallic Sufaces
壁空間に反射板をおいて熱流試験をした場合、1枚の反射板でも60%の熱損失の減少となります。更に2枚挿入すると85%と大半の熱損失をカットする事ができます。リフレクティックスは反射率99%なので、この効果は更に大きいものになります。
著名なこの分野の権威者によると、夏の屋根への熱負荷は19,000BTU'sもあり、家屋を細かく調べ、またアルミ断熱材を重複して使用すれば、600BTU's、つまり全体の熱負荷の99%を減少できると述べている。